年に4・5回は実施

前の学年から見直す

当塾の検定の中で一番実施回数の多いのがこちらです。
特徴としては一つの級の出題範囲が複数の学年になること。これにより、さかのぼって復習する機会ができ、実力を試すことが出来ます。また、人と比較するものではなく、一定の学力に到達すれば誰もが合格となること。努力すれば確実に合格に近づいていきます。
実施するようなってから塾生の成長は著しいです。とくに小学生は大きいです。

自分の好きなタイミングで

CBT導入校

数検算数検定に続いて盛んなのが漢検です。漢検と英検は時期がいつも被ってしまい両方の準備が大変でした。そこで当塾ではPCを使った漢検CBTに切り替えました。特徴は、自分で受験日を選べ、一人からでも実施可能なこと。
合格すればペーパーテストと同じ級を取得できます。もちろん検定には漢字の書きもあります。漢検用の書き込みパッドを使うんです。受験に自由度が出来たことで自分のペースで学習できるようなりました。

リスニング対策も

専用教材がございます

英検対策用の専用プリントとそれに対応したリスニング教材を使用し英検専用の学習ができます。
早くから英検を取得していく子の場合、中3の時点で準2級まで到達しております。
ひと昔前と違い、リスニングでの配点も高いため、リスニングまでしっかり学習できる当塾の生徒さんは、リスニングでの得点率も平均以上です。

※英検は準会場で1回10名以上、数検算数検定は1回5名以上の受験者がいないと実施不可となりほかの会場で受験してもらう場合がございます。

※数検算数検定は実施可能回数が多く、1回の受験生制限も低いため、当塾でも多く実施できております。

※漢検CBTなので、漢検は1名様から受験が可能となっております。