ノルマをこなす練習に

時間を有効に使う

宿題を一生懸命にやっているだけでは、なかなか学力は向上しません。しかし、一生懸命にやることは大変、貴重で大事なことです。
そこを否定しようとは思っていないのです。
ですから、塾ではプリントの合間や1対1の指導の合間に宿題に取り組み終わりにさせても良いことにしています。
長期休みなどは宿題がはかどると喜ばれる声も聴かれます。
小学生については、長期休みの「休み帳」はこちらで答え合わせをさせて頂き、指導もしています。

ある研究では宿題は学力向上に影響しないというデータが出ました。逆に宿題を出さなくなった公立中学では成績が向上した例も最近は話題ですね。
当塾でも「勉強すること」を追求した結果、宿題は学力向上に帰依しないし、宿題を出さなくなってからのほうが向上が確認されましたので宿題は出しておりません。
ちなみに上記の研究データが出る以前から当塾では臨床データとして同じ結果を導いておりました。

しかし、学校から宿題は出ます。
そしてその目的は「通知表を付ける」という点となっているようです。それならば、塾で勉強しながらも他の活動も充実させるためのお手伝いをするという立ち位置で
居ようと思いました。

勉強と部活を両立するようなことと似ていますね。