当塾では中学校の実施する定期テスト(中間、期末)は、学力向上を測るテストではないと考えています。

では、学力向上を測るテストは?というと学校で実施しているNRTなどはまさに学力調査が目的かと。

下にあるのは同一のお子さんの1年間の通塾で、全国平均以下の力が全国平均を越える学力を身に着けてきた証拠です。

このお子さまは、中学の定期テストでも中1のときよりも中2になってからのほうが向上はしていますが、塾で特別に対策をしておりません。なので、点数を下げることもあります。しかし、それはテスト範囲の勉強がうまく行かなかっただけ。

点数が下がっただけで、学力が下がったわけではありません。

中学3年生になり、高校受験をするということは「学力を測るテストで振り分けられる」ということを意味します。

テスト範囲などなく、教科書のある部分がそのまま出題されることはありません。

このことをしっかり理解し、最短で学力向上をし、目標に高校受験に成功することが、当塾での一番の対策です。